Staff Blog

スタッフブログ

2018年 最後の営業となりました

post date: 2018.12.30

category: たけをBlog , スタッフブログ一覧

輸入車SUV専門 TUC戸田店のホームページをご覧の皆さま

こんにちわ。

 

本日をもちまして

2018年の営業が終了いたしました。

今年を振り返りますと色々な事がありました。

年末になりますと今年の漢字というのが発表されますが

今年は『災』でしたね。

今年は各地で災害が多くありこの漢字が選ばれたようです。

早い復興を願っております。

 

私の中での今年の漢字をあげるとするのであれば

『変』

でしょうか。

変な人ではありません。

変化や変わるという意味での『変』です。

今年は色々と変化がありました。

そして何より私自身がこれから『変』わっていくという意味を込めています。

 

自分自身というものを見つめなおす年でもありました。

その色々な事を気付かせてくれた方々に感謝し

2019年に挑みたいと思っております。

 

 

さて、それでは2018年最後のBlogっぽくいきましょう。

 

 

今週の映画のお時間です。

今回は2018年を振り返り

私が観た作品の数々の中から

ベスト3を発表したいと思います。

完全に私の主観です。参考にして観たのに

面白くなかったというクレームがもしございましたら

お気軽にお申しつけください。

 

 

 

それでは第3位・・・

 

 

 

 

 

数々のメディアで話題になった事で

ご存知の方も多いはず。

『カメラを止めるな』です。

当初は池袋の小さな劇場のみで2週間限定の上映だったのが

SNSでの拡散で全国ロードショーとなった話題の作品です。

もちろん内容も非常に秀逸で面白く

ドキドキ、笑い、ホッコリが一気に味わえる

面白い作品でした。

上田慎一郎監督の次回作が今から待ち遠しいです。

 

 

 

 

そして第2位は・・・

 

 

 

『孤狼の血』でございます。

何といっても主演の役所広司さんの演技力に圧倒されます。

松坂桃李さんの熱血エリート刑事役もぴったりです。

アウトレイジ系のヤクザ映画好きはきっとハマると思います。

そして空前の広島弁ブームが私の中にだけで起こってしまった作品じゃけ~ぇ。

 

 

 

そして

2018年、私の中のお薦め作品

 

 

第1位に輝いたのは・・・

 

 

 

 

 

『ボヘミアン・ラプソディー』でございます。

これはもう、今でも話題になっている作品ですので

説明不要かと思いますが、あえて1位となった理由を述べますと

聞き覚えのある有名な名曲たちがどうやって誕生したのか解り、

フレディ・マーキュリーの人間味の描写がとても良かったです。

そしてクイーンって何となく曲は聴いたことあるけど詳しくはないという人でも

楽しめる作品だと思えた所が1位になった要因です。

そんな私もクイーン世代ではありませんし何となく聴いたことあるレベルでした。

英ロックはoasis世代です。

DVDで自宅で観るより大音量の劇場で観る事をお薦めします。

まだ劇場で上映中ですので、私も年末年始にもう1度観にいこうと思っています。

 

 

他にも

『デッドプール2』『散り椿』『グレイテストショーマン』・・・

ランキングに入ってもおかしくない作品が多くて悩みましたが

今年のランキングとさせていただきました。

 

2019年も素敵な作品に出会えたら皆様にご紹介したいと思います。

 

 

 

 

ではそろそろ2018年ラストBlogを締めたいと思います。

 

 

 

TUC戸田店スタッフ一同、2019年は今まで以上にSUVの楽しさをお伝えし

皆様に素敵な輸入車SUVをお届け出来るように全国を探し回っていくと共に

素敵なカーライフを送って頂けるようお客様満足度の向上を念頭に

邁進していく所存でございます。

2019年、変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

来年も皆様にとって素晴らしい1年になりますよう願っております。

 

 

 

 

 

ではまた。

良い年をお迎えください。

新年初売りは1月3日(木)からでございます。

 

 

 

『たけを』